クマイリー 口コミ

2才の息子スーパー倒れながら泣き叫ぶ

子供が、2歳になったころから、家でも、お菓子が食べたくなると、我慢ができず、食べたい。と泣くことが多くなってきて、食べれないと、ぐずることが増えてきました。

 

出かけていても、欲しいものがあると、買ってほしくて我慢ができなくなることが多くなり、買ってもらえるまで、ぐずりだすのが、お決まりのパターンになってきていました。

 

毎日のお買い物で、スーパーにいくと、お菓子売場で、ジーっとたっていて、1つだけねというと、もう1つ欲しいお菓子を持って離しませんでした。
それでも、2個はダメ、1個ね?というと、買って欲しいお菓子を握りしめて、泣きわめき、倒れて暴れだすのです。

 

ですが、ここで買ってしまったら、教育にも良くないので、絶対に買わないと心に決めていました。

 

大きな声で泣くので、周りの人も見てくるし、どうしたらいいか、パニックになることもしばしば。

 

 

そんな、私達をみて、親切なおばさんが話しかけてくれたり、子供をあやしてくれたりもするんですが、子供は、よけいに泣きわめいて、私もイライラ。

 

子供に怒ってしまうことも多々ありました。

 

泣いている時に親も怒りだすと、もっと、子供は泣き出すとわかっていても、気持ちがおさまりませんでした。

 

 

あの頃は、怒っては、後悔の繰返しだったと思います

 

引きずってかえっても、暴れるだけなので、いつも、その場で子供の気持ちが落ち着くのを、まっていました。

 

気持ちのきりかえが、なかなかできない息子です、スーパーのお菓子売場で、1時間以上待つこともよくありました。

 

気持ちがおさまると、ぐずっても買ってくれないとわかるようで、お菓子を諦めて帰ることができました。

 

自動販売機を見ても、買って欲しくてぐずる。。

 

おもちゃ売場を通っても、買って欲しくてぐずる。。

 

ガチャガチャの前を通ると、したいとぐずる。。

 

 

どこに行っても、ぐずり泣きつづけるので、どうしたらいいか、わからなくなり、

 

なぜ、家の子供だけ、言うことが聞けないんだろ。。

 

私の育て方が悪いのか。。

 

どーしたらいいのか。。

 

と悲しくなり、近くに相談する人もいなかったため、子供と一緒に泣いてしまったことも、何度もありました。

 

外に出るのも、しんどくなった時期もあります。

 

 

 

ですが、親もどんどん慣れてくるものです。

 

1年くらいたつと、パターンがわかってくるので、あまり気にすることがなくなりました。

 

ぐずっていても、気がすむまで、そこにいなさい。という感じで、あまり動じることがなくなり、私も落ち着いて子供に接することができるようになりました。

 

子供も、ぐずっても買ってはもらえないと、わかってきますし、年齢が上がってくると親の話すことも 、どんどん理解ができてきて、ぐずる回数は、減っていきました。

 

とはいえ、わが家の子供は、2才から小学校低学年まで、ぐずぐずが続きました。

 

当時は、毎日しんどくて、疲れて、悲しくて、と思っていましたが、子供も中学生になり、今ふりかえると、かわいかったなと思い、あの頃が懐かしく思えます。

 

 

泣き止まない子供にお困りの方にはクマイリー

 

クマイリーの口コミはコチラ